「受かるかな?」受験生や親御さんが考えてはいけない問い

「受かるかな」受験生や親御さんが考えてはいけない問い

おはようございます。群馬県高崎市の家庭教師、牛込伸幸です。

「先生、受かりますかね?」

先日、ある受験生から聞かれました。これ、よく質問されることなんですよね。

「大丈夫だよ」

というのも、何の根拠があってという感じだし、

「今までの模試の結果からすると60%だね」

というのもリアルすぎて怖い。

こんなときは、「それ、つい考えちゃうよね」と共感したうえで、

「考えても答えは出ないよ。だから、今できることをやるに限るよ」

こんな感じのことを、さらっと当たり前みたいに答えることにしています(真顔でいうとちょっと怖い)

・・・

この「受かるかな?」は、考えれば考えるほど、深みにはまる類いの問いです。

たとえ模擬テストでいい結果が出ていても、本番はどうなるかわかりません。A判定さえも80%以上です。

考えても答えが出ないことは考えない方がいいですよね。1点も上がらない。むしろ、悪循環に陥るだけです。

模擬テストの結果から志望校を決めたなら(目標校、実力相応校、安全校と決めますよね)、あとは結果は気にしないで、勉強するに限ります。

・・・

それでもふと「受かるかな?」と思ってしまうことも当然あります。

そんなときは「いかん、いかん、考えても仕方ないんだった」と気づいて、止めればいいんです。

これを知っているだけで、無用な思考ループに陥らずに済みます。

・・・

「人事を尽くして天命を待つ」です。

自分が今できることをたんたんとやっていきましょう。ベストを尽くした結果なら、受け入れられるはずです。

PS.
親御さんからも「うちの子、受かりますかね?」とご質問いただくことがあります。

お気持ちはとてもよくわかります。不安な気持ちを誰かと共有したいだけだと思います。

対処法は同じです。

考えても仕方ない。子どもを信じる。万一の結果も受け入れる覚悟を持つ、です。

お子さんに「あんた、受かんの?」と聞かないようにしてくださいね。答えようがないですから(笑)

真剣にやっているからこその不安です。いい経験になることを願っています。

▼自習ができるようになりたい人はこちら。親御さんや社会人の方にも意外と人気
メルマガ(無料)

家庭教師・学習相談のご案内

応援しています^^ 牛込伸幸

牛込伸幸

学校の授業がわからない、机に向かえない、勉強しているのに成績が上がらない… こんなお悩みを持つ生徒さんを特にぼくは応援しています。
1973年生まれ。群馬県を中心に中学生(5教科)、高校生・既卒生(英語・現代文・小論文・AO推薦対策中心)の家庭教師を10年以上しています。趣味はジョギングとスーパー銭湯です。

フォローはお気軽に
【親御さん向け】子どもをやる気にさせるコツ 入試直前の心構え
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
結果が出る!シンプルな勉強法:群馬県高崎市の家庭教師・牛込伸幸
タイトルとURLをコピーしました