高校入試、1週間前にすること

今回は、入試の1週間前にすることをお伝えします。

いよいよ本番ですから「これもやりたい、あれもやりたい」と思うものです。

でも、あと1週間ですから、できることは限られています。そんなにすごいことはできないし、やる必要もありません。

今まで1年間(中学入学からなら約3年間)やってきたんです。それを信じてできることをたんたんとやっていきましょう。

そのうえで、入試1週間前に大切なことは3つあります。

スポンサーリンク

【その1】毎日、全科目(5教科)勉強する

毎日、5教科勉強してください。試験当日に科目の勘を鈍らせないためです。

部活の練習でも、数日休むと勘が鈍りますよね。勉強も同じです。

でも、全科目を均等にやる必要はありません。

今日はこの3科目などとメインを決めてもいいので、ゼロにしないようにしましょう。

スポンサーリンク

【その2】繰り返しやる問題と新しい問題を両方やる

この時期、問題をやって間違えると不安になるものです。

そのため新しい問題を解くことを避ける生徒さんが出てきます。

でも、テストは初めて見る問題を解く必要があります。カンを鈍らせないように新しい問題も解きましょう。

新しい問題を解く量は今までより減らしてOKです。

学校の授業は教科書はやり終わって、プリントを解くことも多いと思います。

それを新しい問題の練習にします。

・・・

わからない問題は、先生や友だちに質問して解決できるといいですね。

ただこの時期は、わからない問題はあまり深入りする必要はありません。

間違えたけれど、解説を読んだり、質問したらわかった、そんな問題に集中しましょう。

・・・

新しい問題を解いているときに、

「この分野、ちょっとあやふやかも」

「関連する○○って何だっけ」

など、気になることが出てきたら、いつも使っている参考書などでどんどん確認していきましょう。

すごく力がつきます。

・・・

この時期、知識の確認がすごく有効です。特に、社会や理科。

問題集の巻末の全体のまとめページ、一問一答などは、効率よく全範囲を復習できるので特におすすめです。

眺めるだけでなく、クイズ形式になっているものをやりましょう。

暗記モノは寝る前に覚えて、朝起きたらすぐに覚えたかチェック。これが最強の記憶法です。

【その3】やることを決めて、それをたんたんと実行する

これは不安を減らすためです。

「今日は何をしようかなあ?」と考えると、あれもしなくちゃ、これもしなくちゃと不安になるものです。

最後の1週間はこれだけはやろう!

そう決めて割り切って勉強してくださいね。

・・・

今回はラスト1週間の過ごし方についてお話しました。

最後の1週間、体調も整えつつ(夜更かし厳禁)、仕上げていきましょう。

思っていたことの半分もできれば、十分ですよ。

応援しています^^ 牛込伸幸

▼自習ができるようになりたい人はこちら。親御さんや社会人の方にも意外と人気
メルマガ(無料)

家庭教師・学習相談のご案内

牛込伸幸

学校の授業がわからない、机に向かえない、勉強しているのに成績が上がらない… こんなお悩みを持つ生徒さんを特にぼくは応援しています。
1973年生まれ。群馬県を中心に中学生(5教科)、高校生・既卒生(英語・現代文・小論文・AO推薦対策中心)の家庭教師を10年以上しています。趣味はジョギングとスーパー銭湯です。

フォローはお気軽に
高校受験
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
結果が出る!シンプルな勉強法:群馬県高崎市の家庭教師・牛込伸幸
タイトルとURLをコピーしました