やったことノート。勉強したことを記録するメリット

今回は、自分専属の家庭教師や秘書さんになってくれるノートや手帳の使い方をご紹介します。

ぼくは家庭教師の生徒さんとの連絡用にノートを使っています。

そのノートに、その日やったことや次回までにやってほしいこと、心掛けてほしいことを書いています。

できる人には自習でその日やったことをノートに書いて毎日、写メを撮って送ってもらっています。

ノート

「毎日やったことを書く」

たったこれだけのことで毎日が整います。

1日1日を大切にしよう!そんな気持ちになれます。

そして、勉強が習慣化します(これ、やってみるとわかります)

学校でもこういうの、あると思います。でも、強制的な感じ、義務的な感じがあってうまく活用できている人は少ないようです。

やっぱりこういうのって、やりたい!という気持ちが大切です。

・・・

ぼくがよく使うのは無印良品のウィークリーノートです。100円くらいで買えます。

ノート・ウィークリー | 無印良品
自分で日付を書き込んで、いつからでも使い始められるフリータイプなスケジュール帳です。

もちろん、このノートでなくても大丈夫です。

自分の気に入ったノートや手帳を使ってください。好きな絵を書いたり写真を貼ったりしてもいいですね。

・・・

このノートには、いろいろな活用法があります。

まず、最初にやるなら、その日やったことを記録することをおすすめします。

ノート

勉強中はいつもこのノートを開いておいて、一区切りついたら記入していきます。

また、課題が見つかったらそれを書いておくといいです。

例:一次関数は基本問題をもっとやった方がいい

書いておかないと忘れてしまいますからね。

あとは、テストや部活の予定を書いてもいいですね。

定期テストの2週間前の日に「テスト勉強スタート」みたいに。

・・・

できる人はやること(予定)を書いてください。テスト前だけでもいいです。

ノート

やったら□欄にチェックします。二重線で消すのもいいですね。

達成感があります!

・・・

ただ、最初から欲張ると続きません。

まずは、やったことを書くことをおすすめします。とにかくできることをやっていきましょう。

これを続けると、少しずつやる気が出てきて、次に進むことができます。

応援しています^^ 牛込伸幸

▼質問募集中!このブログでできるだけお答えしますご質問はこちら(お名前・メアド不要)

▼自習ができるようになりたい人はこちら。親御さんや社会人の方にも意外と人気
メルマガ(無料)

家庭教師・学習相談のご案内

牛込伸幸

学校の授業がわからない、机に向かえない、勉強しているのに成績が上がらない… こんなお悩みを持つ生徒さんを特にぼくは応援しています。
1973年生まれ。群馬県を中心に中学生(5教科)、高校生・既卒生(英語・現代文・小論文・AO推薦対策中心)の家庭教師を10年以上しています。趣味はジョギングとスーパー銭湯です。

フォローはお気軽に
勉強法(共通)
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
結果が出る!シンプルな勉強法:群馬県高崎市の家庭教師・牛込伸幸
タイトルとURLをコピーしました