問題集の使い方。もったいない使い方、実力を上げる使い方

今回は、問題集の使い方をお話します。

問題集は使い方が間違っていたり中途半端だと、せっかく問題を解いても、ただやっただけの「作業」になってしまいます。

効果的な使い方をして、やったらやっただけ成果の出る勉強をしていきましょう^^

スポンサーリンク

よくあるもったいない問題集の使い方

ぼくは仕事柄、生徒さんが問題を解いたノートを見る機会があります。

よくあるのは、赤ペンでマル・バツがついていて、間違いは赤ペンで正解だけ書いてあるノート。

こんなノートを見ると、どうして間違ったのか?どうやったら解けるのか?そこまでできてないだろうなあと感じます。

これでは、できた・できないを判定しているだけで、力がつきません。

せっかくがんばって問題を解いたのに、もったいないです。

・・・

今度は、学校に出すノートに多いのですが、全問正解してマルがついているノート

多分、間違いは直して正解にしているのかなと。

気持ちはよくわかるのですが、よほどの実力者でないと、全問正解はできません(汗)

なかには、全問正解は不自然なので、たまに間違えておく人も(笑)

いいんですよ!気にしなくて!

特に、初めて解いた問題は全然、解けないものです。

学校の先生だってわかりますよ。間違いが多いからといって、怒る先生はいません。

むしろ、赤ペンで答えや解き方が書いてあるノートの方がやってるなあと感じます。

ちなみに、解答・解説をただ写したノートはすぐにわかりますよ。魂がこもってない(笑)

・・・

困るのはマルつけがしていないノート

学校に提出するときにはするのでしょうが、日頃、問題を解いて、マル付けをする習慣がないんだと思います。

多分、マル付けをする気力が残っていないのかなと。

もしくは、間違いを直視したくないのかも。間違えたら、どこが間違っているか?どうやって考えたらいいか?考える必要が出てくるので。

でも、答え合わせをしないと、実力はつきませんよね。

どちらかというと、問題を解き終わってからが勝負って感じです。

スポンサーリンク

問題集をやるとき、いちばん大切なこと

では、どうやったらいいか?お話しますね。まず問題集に対する姿勢、考え方が大事です。

それは「問題は実力をつけるために解く」ということです。

できる・できないを判定するためでない。宿題を提出するためでもない。問題集は力をつけるためにやるってことです。

これから具体的な問題集の使い方をお話しますが、この考え方ができていないと、何をやってもズレてしまいます。

もちろん、学校の宿題を出すことは大切です。でも、ぼくらはそれを超えていきましょう。

具体的な問題集の使い方

それでは、具体的なお話に入っていきます。

問題を解くとき

まず、何も見ないで問題を解きます

わからない問題、あいまいな問題もあると思います。でも、テストのときみたいに、できるだけ答えを書いてください。

あってるかわからないし、面倒だから「答え見ちゃおう」というのはダメですよ(ぼくもあった・笑)

・・・

ただ、時間をかけすぎる必要はありません。時間をかけてもわからない問題はわからないです。

特に暗記系はいくら考えても無理なものは無理ですよね。

(わかりそうなときは、がんばって考えてくださいね)

・・・

そして、わからない問題、あいまいな問題は印をつけておきます。

答え合わせをするときに、自信を持って答えたのか?たまたま合ってたのか?わかるようにしておくためです。

こうすることで答え合わせのときに意識することができます。

また、問題集を繰り返しやるときに役立ちます。繰り返すときは印のついて問題だけやればいいですよね。

最初から答えを見ない。自分で調べる

テストみたいにできるだけ自分の力で答えを書いたら、答えを見る前に、わからない問題、あいまいな問題は教科書やノート、参考書などで調べます。

教科書で調べて答えがわかったときに「これか!」と刺激が入って覚えられます。

自分で調べることで知識が整理されて理解が深まります。教科書や参考書はただ読んでも頭に入りません。目的を持って読むことが大切です。

・・・

ある程度やって、調べてもわからない場合は、答えを見てOKです。

もちろん、時間があって、じっくりやりたい場合は、時間をかけてもOKです。

逆に、ちょっと調べて「わからないや~」と答えを見ると、あまり効果はありません。

この辺はバラスンが大切です。やっていくとわかります。

答え合わせ

自分で調べて、答えを仕上げたら、いよいよ問題集の答えを見て赤ペンでマル付けします。

間違えた場合、あいまいな場合は問題集の解説や教科書、ノートを使ってさらに調べます。

自分なりに公式やまとめを書くのもすごく有効です。

問題を解くときと同じうように、間違えた問題、あいまいな問題は問題に印をつけておきます。

小まめに答え合わせを

問題集は1ページ、1単元すべてをやってから答え合わせをする必要はありません。

小まめに上記の方法で答え合わせをしましょう。

大問1つ(四角1みたいな)ごとにやっていいと思います。

問題を解いたときの記憶が鮮明なうちに答え合わせをしましょう。

最後の仕上げで効果倍増

ここまでできたらかなりいい感じです。

ただ、最後の仕上げでさらに効果を高めちゃいましょう^^

効果倍増と書きましたが、それ以上だとぼくは思ってます!

問題を解くとき、答え合わせをしたとき、間違えた問題、あいまいな問題には印をつけましたよね。

問題を解いた直後に、もう一度この問題をやります。

何も見ないでもう一度やってみましょう。意外とできないものですよ(笑)

これをするとやったことが染み込みます。

たいして時間はかからないのに、すごく効果があるのでぜひ、やってみてください。

特に、暗記系の問題のやり直しは、2、3分しかかからないと思います。

こうしたちょっとしたところで差がでます。徹底度の違いです。

長くなったのでまとめておきます。

今日のまとめ

問題集をやるときの基本

・問題は実力をつけるために解く

問題集を解くとき

・最初から答えを見ない

・自分で調べてから答えを見る

・答え合わせは小まめに

・最後に仕上げをする

PS.
答えを見たり、調べてもわからない問題は、今は無視でOKです。

答えや解説を読めばわかる問題をまずは増やしていきましょう。

そうすることで、少しずつ難しい問題にも手が届くようになります。

牛込伸幸

学校の授業がわからない、机に向かえない、勉強しているのに成績が上がらない… こんなお悩みを持つ生徒さんを特にぼくは応援しています。
1973年生まれ。群馬県を中心に中学生(5教科)、高校生・既卒生(英語・現代文・小論文・AO推薦対策中心)の家庭教師を10年以上しています。趣味はジョギングとスーパー銭湯です。

フォローはお気軽に
勉強法(共通)
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
結果が出る!シンプルな勉強法:群馬県高崎市の家庭教師・牛込伸幸
タイトルとURLをコピーしました