問題を間違えたときの考え方

おはようございます。群馬県高崎市の家庭教師、牛込伸幸です。

以前、問題集の使い方をお話しました。問題集は答え合わせの徹底度が大切!ということでしたね↓

問題集の使い方。もったいない使い方、実力を上げる使い方
今回は、問題集の使い方をお話します。 問題集は使い方が間違っていたり中途半端だと、せっかく問題を解いても、ただやっただけの「作業」になってしまいます。 効果的な使い方をして、やったらやっただけ成果の出る勉強をしていきましょう^^...

問題を解いて間違いながら理解を深め、記憶を強固にしていきます。

間違うことがスタートです。

今回は、間違ったときの考え方をお話します。ここを勘違いして、止まってしまっている人が多いので。

スポンサーリンク

間違ったときは、こう考える

ぼくが家庭教師をしているときの話です。

問題を解いて間違えると必死にいい訳する人がいます。

「○○って勘違いしてました」(ホントはできるんです)

「まだ習ってません」(やったはず!?)

という感じ。特に中学生に多いです。

ぼくもそうだったので、ほほえましいなあと思って見ています(笑)

できない人と思われたくないのかも。だれだってそうですよね。

・・・

さらに、学校の授業がこの気持ちを強化しているかもしれません。

先生に指されたとき、間違えたくない雰囲気がありますよね(笑)

先生としては、間違ってもらって、それを一緒に解決した方がいい、くらいに思っているはずです。

でも、生徒としては、みんなの前で絶対に間違いたくないですよね。

これ、日本の学校のカルチャーです。

・・・

これはある程度仕方ないとして、家で1人で問題を解くときも「間違いたくない」という気持ちになってしまっている人が多いです。

クセでしょうね。

ぼくも中学生のとき、同じでしたよ(笑)

問題集は、できることを確認して安心するためという感じでした。

でも、極端なことをいえば、もし全問正解だったら、やる意味なかったわけで。

スポンサーリンク

問題集は間違わないと意味がない

当たり前のことですが、問題は間違うから意味があります。

がっかりしたり、不安になったり、イライラしたりするのでなく、むしろ喜んでください。

・間違ってよかった!

・テスト本番じゃなくてよかった!

こう考えてやっていきましょう。

ぼくが家庭教師をするときも、問題を解いてもらっているのですが、だんだん、変ないい訳とかしなくなりますよ。

今、解けるかどうかより、その後、解けるようになるか?しっかり復習するか?こっちの方が10倍、100倍、いや1万倍大事です。

・・・

今回は、問題集をやるときの心構えについてお話しました。

どんどん間違えて理解と記憶を深めていきましょう。

PS.
とはいえ間違えたとき、答えや解説を読んでもわからないような問題集はダメです。

今の自分にあったレベルの問題集を使いましょう。

それができるようになったとき、難しい問題集に手が届きます。

自分のできることをたんたんとやっていきましょう。

応援しています^^ 牛込伸幸

▼自習ができるようになりたい人はこちら。親御さんや社会人の方にも意外と人気
メルマガ(無料)

家庭教師・学習相談のご案内

牛込伸幸

学校の授業がわからない、机に向かえない、勉強しているのに成績が上がらない… こんなお悩みを持つ生徒さんを特にぼくは応援しています。
1973年生まれ。群馬県を中心に中学生(5教科)、高校生・既卒生(英語・現代文・小論文・AO推薦対策中心)の家庭教師を10年以上しています。趣味はジョギングとスーパー銭湯です。

フォローはお気軽に
勉強法(共通)
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
結果が出る!シンプルな勉強法:群馬県高崎市の家庭教師・牛込伸幸
タイトルとURLをコピーしました