まとめノートに要注意。やり方を間違うと時間をかけた割に点数に結びつかない

おはようございます。群馬県高崎市の家庭教師、牛込伸幸です。

今回はまとめノートについてお話します。

この勉強法、やり方次第では理解や記憶が深まるので有効です。

でも、やり方を間違えると、単なる作業になってしまって、膨大な時間をかけた割にテストの点に結びつきません。

こうなってしまっている人が多いので、ぼくの失敗談も含めてお話します。

スポンサーリンク

ぼくの失敗談

ぼくは中学1年の頃、社会と理科の定期テスト対策に「まとめノート」を作っていました。

学校のノートや教科書、参考書などを見ながら、もう一度ノートにまとめていくわけです。

キレイなノートが1ページずつ増えていくと満足感が高まります。授業を受けたときの記憶がよみがえります。

たくさん字を書くので、ほどよく疲れて「勉強した感」が出ます。

・・・

でも、テスト範囲を全部まとめたあとで、いざ問題を解くと忘れてしまっていました。

「なんだったんだ!あの時間」

もし、この方法を使うなら、こまめに問題を解く必要があります。

問題集の単元ごとに(学校のワークは教科書2ページほどで1単元になっている)、まとめる→問題を解く→まとめる→問題を解く…という感じ。

やっぱり問題を解かないとダメ。

・・・

また、やっていて思ったのは「結局、学校のノートを清書しているだけ」になっていたことです。生徒さんのまとめノートを見てもこうなってしまっていることが多いです。

学校の先生の板書はよく整理されていますからね。これでは単なる作業。自己満足(ごめんなさい。でも、ぼくもそうだった)

ノートをまとめていると(ほぼ転記しているだけなら)、あまり頭を使わないから楽なんですね。

一方、問題を解くとなると、自分で考えなくてはいけないし、わからなかったり覚えていないと苦しいわけです。

だからノート整理に逃げていたのかもと思いました。

スポンサーリンク

まとめノートを作らなくても大丈夫

それでも中学1年の頃は時間に余裕がありました。まとめノートを作ってもテスト勉強が間に合う。

でも、だんだん勉強する時間が足りなくなってきたとき「別にまとめノート作らなくてもいいんじゃない?」と思ったわけです。

そして、実際にやってみると大丈夫でした。

・・・

教科書やノートを読んでから問題を解いてもいいし、いきなり問題を解いて、わからないところ、覚えていないところを調べてもいいわけです。

(1回解き終わったら、直後に仕上げでもう一度解くのがコツ)

受け身のノートまとめより、こっちの方が能動的だから覚えも早いです。

・・・

もちろん、まとめノートを否定するつもりはありませんよ。

でも、

・単なるノートの清書になってないか?

・作業になってないか?

・問題を解くことから逃げてないか?

考える必要はあります。

ちなみに、ぼくはそのあともノートをまとめることがありました。

それはわかりにくいところを自分なりにまとめることです。

↓こんな感じ
江戸時代の三大改革

ぼくはこれを「持ち込まないカンニングペーパー」と呼んでいました。

これもやはりクイズ形式にします。

ただ見て覚えるのは難しいです。クイズ形式、問題にすることが大事です。

↓裏に問題を書く
江戸時代の三大改革は

PS.
わからないことを調べるとき、やっぱりノートは大事です。

日頃の学校のノートをしっかり取りましょう。授業に集中すると家での復習時間が短縮できますよ。

そして、問題を解いたりして補足したいことが出てきたらそのノートに書き込みます。

やったらやっただけ点数に結びつく勉強をしていきましょう。

応援しています^^ 牛込伸幸

▼自習ができるようになりたい人はこちら。親御さんや社会人の方にも意外と人気
メルマガ(無料)

家庭教師・学習相談のご案内

 

 

 

 

牛込伸幸

学校の授業がわからない、机に向かえない、勉強しているのに成績が上がらない… こんなお悩みを持つ生徒さんを特にぼくは応援しています。
1973年生まれ。群馬県を中心に中学生(5教科)、高校生・既卒生(英語・現代文・小論文・AO推薦対策中心)の家庭教師を10年以上しています。趣味はジョギングとスーパー銭湯です。

フォローはお気軽に
勉強法(共通)
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
結果が出る!シンプルな勉強法:群馬県高崎市の家庭教師・牛込伸幸
タイトルとURLをコピーしました