習慣化は毎日が逆に楽

おはようございます。群馬県高崎市の家庭教師、牛込伸幸です。

勉強でも運動でも何でも、新しい習慣をつくりたいときは毎日やるに限ります。

週3回では忘れてしまったり、「今日はやる日だぞ」と気合いを入れ直さないといけないので面倒臭くなってしまうもの。

習慣化は毎日やった方が逆に楽です。

・・・

例えば、英語の勉強をするとき、問題集を机の上に出しておきます

こうすると目につきやすいので取り掛かりやすい。

やる時間、順番も大事です。

晩ごはんを食べて机に向かったら、取りあえずウォーミングアップにやるなど。

「いつやろうかな?」と考えているうちに面倒臭くなってしまいます。

だからさっさとやっちゃう。

・・・

ただ、気を付けたいのはです。

単語も文法も長文もリスニングも…と最初から欲張りすぎると長続きしません。

優先順位の高いものを短時間でできる量にしてやってみてください。

英単語の単語帳を毎日1ページといった感じ。

そして、できるうようになったら、文法問題集を追加して…と、ひとつずつ増やしていきます。

・・・

新しいことを始めるのは、そして続けるのは、思った以上にエネルギーを使います。

ギアを重くした自転車みたいです。

最初はツラい、でも一度スピードが出るとあとは楽。

だからギアを軽くして(量を減らして)始めます。

1日3分、いや1分でOK。しかも、難しいことでなく、やればできること。

・・・

今回は習慣化は毎日が逆に楽というお話でした。

あなたは何から始めますか?

牛込伸幸

学校の授業がわからない、机に向かえない、勉強しているのに成績が上がらない… こんなお悩みを持つ生徒さんを特にぼくは応援しています。
1973年生まれ。群馬県を中心に中学生(5教科)、高校生・既卒生(英語・現代文・小論文・AO推薦対策中心)の家庭教師を10年以上しています。趣味はジョギングとスーパー銭湯です。

フォローはお気軽に
やる気の出し方
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
結果が出る!シンプルな勉強法:群馬県高崎市の家庭教師・牛込伸幸
タイトルとURLをコピーしました