勉強していてほかのことが気になる!?気が散ってしまったときの対処法

勉強していて、ほかのことが気になること、ありませんか?ぼくもあります(笑)

英語の問題を解いているときに、

「数学からやった方がよかったかな」

「明日の部活、なんか持っていくものあったような?〇〇ちゃんにラインしようかな」

「先にお風呂に入った方がいいかな」

これ、目の前のことに集中できていない証拠です。

そんなこと考えないで、さっさとやってしまった方が早いのに、集中しきれないんですね。

・・・

こんなときはやることを書き出すとうまくいきます。

勉強を始めるときに、今日やることを具体的に書きます。

例えば、今日の授業の復習をしようという場合、

□英語ワーク

□数学ワーク

という感じ(授業の復習ならやったところまでなのでページ数までは書かなくてOK)

予定

定期テストや受験勉強なら計画を立てていると思うので、それを机の上に開いて置いておきます(こっちは具体的なページ数まで入れる)

そして、それが終わるまで次のことに移らない!と決めます。

・・・

そうは思ってもやっぱり集中力が切れるときがあります。すると、またさっきの声が聞こえてきます。

「先に理科をやった方がよかったかな」

「この問題集、あまりよくないかも」

でも、こんな声が聞こえてきたら「これ、集中力が切れただけだ」と思ってやり切ってください。

気づくことが大事です。

最初に決めた通りにやった方が効率がいいし、気分もいいに決まってます。

こう思って元に戻ります。

・・・

「先に理科をやった方が…」そのときは本気でそう思っているんです。

でも、実際に理解に切り替えると、今度は「やっぱり英語からやった方が…」となるものです。

このことを知っているだけで、こう心がけるだけで、戻ってこれることが多いです(集中力の度合いにもよる)

・・・

もし、どうしても気になることがあったら、それを計画ややったことを書くノートに書き出しておきましょう。

「部活の持ち物〇〇ちゃんにラインできく」

こう書き出して、ひと区切りつくまでやり切ります。

連絡するのを覚えておかなくちゃ!という気持ちが集中力を下げます。

書き出すことで安心して勉強に戻れます。

ちなみにこういうのって、気が散っていたからやりたくなっただけのことです。

実際に終えてからそのメモを見ると「まあ、いいや」となります。

・・・

今回は気が散ったときの対処法でした。

やることを決めて、それを書き出して、タイマーを「ピッ」と押して勉強スタートです。

途中でやることを思い出したら、それをメモして決めたことをやり切ります。

「今に集中」していきましょう。

没頭した分、充実感を味わうことができます。

応援しています^^ 牛込伸幸

▼質問募集中!このブログでできるだけお答えしますご質問はこちら(お名前・メアド不要)

▼自習ができるようになりたい人はこちら。親御さんや社会人の方にも意外と人気
メルマガ(無料)

家庭教師・学習相談のご案内

牛込伸幸

学校の授業がわからない、机に向かえない、勉強しているのに成績が上がらない… こんなお悩みを持つ生徒さんを特にぼくは応援しています。
1973年生まれ。群馬県を中心に中学生(5教科)、高校生・既卒生(英語・現代文・小論文・AO推薦対策中心)の家庭教師を10年以上しています。趣味はジョギングとスーパー銭湯です。

フォローはお気軽に
やる気の出し方
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
結果が出る!シンプルな勉強法:群馬県高崎市の家庭教師・牛込伸幸
タイトルとURLをコピーしました