中学生までに身につけたい基礎学力 【その2】計算力

中学生までに身につけたい基礎学力 【その2】計算力

おはようございます。群馬県高崎市の家庭教師、牛込伸幸です。

中学までに身につけたい基礎学力、今回は「計算力」です。

計算は何でもできた方がいいのですが、中学で特に大事な分野に絞ってお話します。

ここができないと数学と理科で全般的に苦戦します。

逆に、ここができれば、平均点を軽く超えるベースができます。

練習しだいでクリアできるので、やっておきたいところです。

暗算力

暗算といってもそろばん1級みたいなすごい暗算ではありません。

8+4

12+8(繰り上がり)

15-7(繰り下がり)

20×3

30÷2

といった2ケタ程度のカンタンな足し算、引き算の暗算です。

もうちょっと複雑になると、ひっ算を使ってもいいのですが、このレベルの暗算ができないと、逆にひっ算もスラスラできません。

・・・

中学生でこの計算がスラスラできない生徒さんが結構います。

「スラスラ」というのがポイントです。

数秒考えこむとか、たまに間違うとかではなくです。当たり前のように解いて、当たり前のように合っている。そんな状況です。

・・・

中学になるとマイナスの計算が出てきます。

-8-15

-8+15

という計算をするときに、

8+15

15-8

の計算がスラスラできないと、混乱して間違ってしまいます。

ひっ算

次はひっ算です。中学では小学校のようにケタの大きいものはほとんど必要ありません。

2ケタ程度でいいので、足し算、引き算、掛け算、割り算がスラスラできる必要があります(やはり「スラスラ」が大事)

78+44

51-38

この辺りはひっ算で自信を持ってできるといいですね。

・・・

よく、ひっ算が面倒だからと暗算をして間違う子がいます。

たとえ合っていても、じーっと考えてなかなか答えが出ない場合も。こんな場合は、ひっ算をするように促します。

・・・

掛け算、割り算のひっ算はできないか、安定感のない中学生が多いです。ぼくのイメージでは全体の3、4割いると思います。

43×25

84÷16

のような計算です。小学校のときは毎日のように宿題プリントでやります。

でも、中学に入ると、そんなにやりませんからね。カンが鈍って、そのうち忘れてしまいます。

そして、自己流のやり方で、その都度、その都度、違うやり方をする…こんな状況も。こんなときは、やり直せばいいだけです。

かけ算九九

意外な盲点がかけ算九九です。

もちろん、6×1=6、6×2=12…と順番にいえばできます。

でも、6×7?とランダムにパッと聞かれると答えられません。または時間がかかる。

これはひっ算や分数の約分するときかなり使います。

42と21を約分するときに、どちらも7で割り切れると気付くには九九が必要です。

これは九九ではありませんが、36と12を見たときに、12で割って、3と1に約分できるとパッと気づけることも大切です。

そのほか、因数分解などかけ算九九はあちこちで使います。

・・・

九九があいまいになって計算にスムーズさがない生徒さんはかなりいます。

スムーズにできなくてもいいんじゃないの?こう思うかもしれません。

ただ、ここがスムーズにできないと、マイナスとかプラスとか、xとかyとか分数とか少数とか、ややこしいことが組み合わさったときいっぱいいっぱいになって、対応できなくなってしまいます。

分数と少数

最後は分数と少数です。

ここになると、半分以上の生徒さんがスラスラできません。

小学校でもつまづいている子が相当多い分野です。ここはがんばって乗り切ってほしいと思います(方法はのちほど)

何をするにも少数、分数はからんできますので。

スポンサーリンク

計算力を身につける方法

以上が中学で絶対に必要な計算力です。

だいたいできるレベルではなく、エンピツが止まらずにスラスラできて、電卓レベルで当たり前のように正解する。

これを目指しましょう。

こういった計算をするときに、めんどくさい!という気持ちが出るようではまだまだです。

めんどくさそうな顔をするとか、エンピツが止まるとか、電卓使っていいですか?と聞いてくるとか(笑)

こんな状況の生徒さんは練習が必要ですね。

・・・

こういった計算力をつけるには、習慣的に練習すればOKです。

勉強のウォーミングアップに毎日やるといいでしょう。ぼくは中学生にも勉強の最初にやってもらうこともあるほどです。

(中学生の場合は、頭のウォーミングアップだよと言ってからやらないと、バカにされたと思ってしまいます)

100マス計算は最強

100マス計算は特におすすめです。タイムを計ると楽しくできます。

計算はこんな本がおすすめです。1年から6年までの計算が1冊にまとまっています。

陰山メソッド 徹底反復「計算プリント」: 小学校1~6年
https://amzn.to/3Vf1OoR

・・・

今回は「計算力」についてお伝えしました。

今、大丈夫な場合はその力を維持するため、今、ちょっと不安な場合は今のうちに練習しておきましょう。

冒頭にもお話しましたが、練習すれば身につけやすい分野です。

たまに一気にまとめてやるより、毎日、少しずつ習慣的に練習してほしいと思います。

次回は「暗記力」についてお伝えします。お楽しみに。

応援しています^^ 牛込伸幸

応援しています^^ 牛込伸幸

牛込伸幸

学校の授業がわからない、机に向かえない、勉強しているのに成績が上がらない… こんなお悩みを持つ生徒さんを特にぼくは応援しています。
1973年生まれ。群馬県を中心に中学生(5教科)、高校生・既卒生(英語・現代文・小論文・AO推薦対策中心)の家庭教師を10年以上しています。趣味はジョギングとスーパー銭湯です。

フォローはお気軽に
重要な記事 勉強法(中学生)
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
結群馬県高崎市の家庭教師・牛込伸幸
タイトルとURLをコピーしました