公立高校入試まであと2か月の勉強法

おはようございます。群馬県高崎市の家庭教師、牛込伸幸です。

ぼくの住む群馬県では私立高校の合格発表がありました。

これをひとつの区切りとして、公立志望の人は引き続きがんばっていきましょう。

3月初めの後期入試まであと2か月あります。

ここからの2か月は集中力も高まっているので、ものすごく伸びます。

「私立単願の人いいなあ」と思ってしまいますが、いい仕上げをしていきましょう。

長い人生で見たら、たったの2か月です。やりきっていい思い出にしましょう。

そこで今回は、入試まであと2か月の勉強法についてお話します。

スポンサーリンク

新しい問題と繰り返す問題。比率は6:4

あと2か月ですから、あれもこれもはできません。教材を絞りましょう。

問題集は以下の2タイプを使います。

・繰り返しやってきた問題集(新研究、整理と対策、整理と研究など)

・過去問や予想問題など新しい問題集

繰り返しやってきた問題集は、いよいよ最後の1回だと思ってやりましょう。

間違えた問題、曖昧な問題には印をつけて、解いた翌日や週末、入試直前に見直します。

ここが伸びしろです。

・・・

この時期、使い慣れた教材ばかりやりたくなるものです(やっていて安心する)

でも、当然新しい問題も解く必要があります。入試は初めて見る問題に対処する必要がありますからね。

ここは過去問や予想問題を使います。時間配分も意識して取り組みます。

学校のある平日は1日1、2科目分。土日は本番と同じ時間割で5教科という感じ。

正解率を気にしすぎることなく、どうやったら点数を伸ばすことができるか?に意識を向けます。

・・・

ですから、答え合せが大事です(難しすぎる問題は無視していいですよ)

使い慣れた教材で知識の確認もしましょう。

また、学校の授業で予想問題プリントをやるケースも増えます。これも勉強時間ですから真剣にやりましょう。

わからないところは、先生や友だちに聞いてその場で解決していきます。

同級生はライバルというより仲間ですよ。もちろん先生も。受験になるとそう思えますよね。

・・・

新しい問題集と繰り返す問題集の勉強時間の割り合いは6:4くらいがいいでしょう。

基礎ができている人は7:3でもいいですよ。

過去問を解き終わってしまった人はさらに古い過去問(10年分くらい。古本屋さんや塾にあるかな)、または他県の公立高校の問題を解きます(旺文社の全国高校入試問題正解という問題集があります)

逆に、過去問を解いても歯が立たない人は解ける問題だけやって、あとは基本問題集を繰り返します(公立高校の入試問題は全員同じ問題なので仕方ないです)

みんなそれぞれ、やることを決めて、それをたんたんと実行していきましょう。

応援しています^^ 牛込伸幸

▼自習ができるようになりたい人はこちら。親御さんや社会人の方にも意外と人気
メルマガ(無料)

家庭教師・学習相談のご案内

牛込伸幸

学校の授業がわからない、机に向かえない、勉強しているのに成績が上がらない… こんなお悩みを持つ生徒さんを特にぼくは応援しています。
1973年生まれ。群馬県を中心に中学生(5教科)、高校生・既卒生(英語・現代文・小論文・AO推薦対策中心)の家庭教師を10年以上しています。趣味はジョギングとスーパー銭湯です。

フォローはお気軽に
高校受験
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
結果が出る!シンプルな勉強法:群馬県高崎市の家庭教師・牛込伸幸
タイトルとURLをコピーしました