英語長文。英文法や構文を気にしすぎて読めないときの対処法

おはようございます。群馬県高崎市の家庭教師、牛込伸幸です。

英語長文を読むとき、文法や構文を細かく確認しすぎて、読むスピードが落ちたり、文章の意味を取れなかったりする受験生がいます。

スピードが落ちても読めればまだいいのですが、はまってしまって意味が取れない人も。

普通に英文を前から順に区切りながら読んでいって、意味が取れている場合はそのまま読む。

意味が取れなくなったとき、英文法や構文の力を使って意味を取る。

こんなバランスが必要です。

勉強しているのに英文が読めるようにならないという人は意識してみてください。

英文を前から区切りながら読む練習にはこの本がお勧めです。

英語4技能 ハイパートレーニング 長文読解(4)中級編
https://amzn.to/3mpmf3W

※これは英検2級レベル。レベル別に出ています。

応援しています^^ 牛込伸幸

▼自習ができるようになりたい人はこちら。親御さんや社会人の方にも意外と人気
メルマガ(無料)

家庭教師・学習相談のご案内

牛込伸幸

学校の授業がわからない、机に向かえない、勉強しているのに成績が上がらない… こんなお悩みを持つ生徒さんを特にぼくは応援しています。
1973年生まれ。群馬県を中心に中学生(5教科)、高校生・既卒生(英語・現代文・小論文・AO推薦対策中心)の家庭教師を10年以上しています。趣味はジョギングとスーパー銭湯です。

フォローはお気軽に
大学受験
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
結果が出る!シンプルな勉強法:群馬県高崎市の家庭教師・牛込伸幸
タイトルとURLをコピーしました